SEO対策での集客に取り組むべき2つの理由 1.PPC広告よりもSEO対策に取り組むべき

◆SEO対策での集客に取り組むべき2つの理由

1.有料広告より安く、そして「将来の資産となる投資」である
2.検索エンジンで上位する事で自社のブランディングになる

これからこの集客ドリルを元に、サイトへのアクセスアップのための様々な対策を実行していただくわけですが、その作業を進めていくにあたり、なぜ自分で検索エンジン対策を進めていくことがオススメなのか?という事について、まずその理由をしっかりと理解してください。

PPCよりSEO対策!

何のためにSEO対策に取り組むのか?という事の意味等、成功した先に見える成果がイメージできれば、日々の作業に取り組むモチベーションも上がると思います。このポイントについては、必ず理解してくださいね!

1.PPC広告などの有料広告に比べて低いコストで集客ができる

サイトに集客をする際の有料広告で一番最初にイメージするのは、PPC広告ではないかと思います。しかしこのPPC広告というのは、ビジネスのジャンルにによっては非常に高額な費用が必要になる場合もあり、何とワンクリック(要は1アクセス)のために、1,000円という法外なコストがかかる場合もあります。

今ではこのPPC広告を利用する企業がかなり増えてきているため、入札制度で価格が高騰し、このような事になっています。おそらく、今後の流れとしても、このPPC広告の費用はさらに上がっていくことが予想されます。

そう考えた場合、私たち中小企業が、膨大な資本と広告予算を持った大手企業と勝負をしていくという事は、現実的ではありません。

PPC広告以外の広告でも、アクセスの多いポータルサイトにバナーを掲載してもらうなどの純広告掲載もありますが、結局のところどれも「お金を払って、ある一定期間紹介をしてもらう」という性質のものに変わりはありませんから、お金を払うことをやめてしまえば、翌日からも完全にそこからのアクセスがストップしてゼロになる…という事になります。

私もこれまで多くのWeb集客についての相談を受けてきている中で、ホームページ制作を依頼した業者に進められるまま、サイトの完成と同時にPPC広告を開始したものの、とても費用対効果が見合うものではなく、2、3ヶ月程度で広告出稿を停止。そして停止してみれば、翌日からは完全にアクセスがなくなってしまった…という例は、かなり多くありました。

有料広告というのは「ある特定の商品ページに誘導する事で、この程度の反応率が得られることがわかっている!」というような、自社の看板商品のようなものが出来上がった段階で利用するのは良いですが、まだインターネットビジネスにおいて成功体験を収めた事のない段階では、オススメ出来ません。

毎日のように広告費でお金が出ていくという事は、それだけ精神負担も大きいですし、そして、やめた翌日からは何の効果も得られなくなるという「その後の資産にならないコスト」である事が、一番大きなデメリットです。

◆SEO対策での集客なら「やった分積み上がる資産」となる!

これに対して、自分でSEO対策を行い、訪問者さんに役立つ情報を提供したサイトを育て上げていき、そこにアクセスが集まるようになってくれば、そこからは、ほうっておいてもその後もずっとある程度のアクセスを集めてくれるものになりますし、また、どんどん情報を追加する事によって、さらにアクセスが増えることになります。

このように、自分でしっかりとコンテンツを作り込み、訪問者さんの役に立つサイト作りを心がけていけば、アクセスというのは雪だるま式に膨らんでいきます。そしてこのアクセスは、土日やお正月も、あなたが風邪をひいて仕事を休んでしまった日でも、どんどんアクセスを呼び込んでくれるものになります。

ですので、今現在サイトに全くアクセスがない…という事に悩んでいる状態であっても、安易にPPC広告などの有料広告を使うことは、私は絶対におすすめしません。

アクセスが集まってくるまでに少し時間がかかるものになったとしても、サイト集客のプランをしっかりと立てて、自身でSEO対策を行っていくことを、強くおすすめします。

今日やった作業が後の資産になる!
今日の作業は、インターネット上のお店の敷地面積を増やす大事な行動なんだ!

という事をしっかりと心に決めて、少しずつ着実にサイトを育ていってください。

結論:サイトに1ページ増やす事は「ネットの世界の自社の店舗面積を増やすこと」と考え、日々熱意を持って取り組むべし!

では、次は、2.検索エンジンで上位する事で自社のブランディングになる  という事の解説です。

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ