相互リンクの進め方 理想的なSEO効果を得るためのポイント

◆相互リンクの進め方 どのようなサイトと相互リンクをすべきか?

ではどのようなサイトと相互リンクをすべきか?という事になりますが、
以前のように「手当たり次第に相互リンクすべし!」というのは、
今後の検索アルゴリズムの進化を考えた場合にはかなりリスクがあるので、
質の高いサイトに厳選して申し込むのが良いです。

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

・趣味で運営されている、濃いネタが掲載されているサイト
・ビジネス目的のサイトだが、オリジナリティのあるコンテンツを備えているサイト
・運営者がブログを日記代わりに毎日書いている(すでに大量にページ数がある)

などのサイトで、ページランクが2以上のサイトを対象として、
相互リンクの申請をしてみましょう。

このような優良なサイトと相互リンクをすすめる事によって、SEO対策に有利な下記の条件を満たした良質なリンクが集まっていきます。

・ページランクが高く、更新頻度も高い、検索エンジンからの評価の良いサイトからのリンク獲得ができる
・リンク元のIPアドレスが自然に分散される(契約しているサーバーは人それぞれいろいろ)
・いろんな構成のサイトからのリンクがもらえて、よりナチュラルになる(HTML、MT、ワードプレス、無料ブログ等)
・自分にサーバーやドメイン等の維持費がかからない(←これも大きなメリットですよね)

それでは、次は相互リンクを進める際に注意すべきポイントの解説です。

◆相互リンクを依頼する際に注意すべきポイント

・当然、自サイトのコンテンツも充実させる

ただ、もちろんですが、自分のサイトの質が悪いのに、
頑張って運営している優良サイトに相互リンクの申し込みをしても、それは当然ですが断られます。

特に、SEO対策を意識して運営しているサイトオーナーであれば、
ページランク0や1で、ページ数も少なく見栄えもパッとしないサイトで相互リンクのお願いをしても、ほぼ100%断られます。

丁寧にお願いさえすれば、わかってもらえる。

という考えでは、ちょっと図々しいですよね(笑)

あくまでも、相互リンク相手となるサイトと Win Win の関係になるように、
納得して相互リンクをしてもらえる状態がベストです。

ですから、自サイトのコンテンツもしっかりと作りこむことが、効果的な相互リンクを行なっていくためにも非常に大切です。

・サイトの運営者さんと交流をし、その上で相互リンク依頼をする

同じ趣味、同じテーマで運営しているサイトオーナーであれば、お互いに共感できるところもあるはずですので、相互リンクをしたい優良なサイトを見つけた場合、ブログのコメント欄や掲示板、TwitterやFacebookなどの設置があれば、そこからその運営者さんと交流をして、そこから自然な流れで「お互いに紹介」という感じでの相互リンクをしていくのが、かなり理想的です。

相互リンクもより「リアルで人と交流する事」に近い感覚で進めていく事が良いですね。

・相互リンク先のサイトの紹介文もちゃんと添える

相互リンクで狙うのは主に、相手先からのアクセスの流入ではなく、SEO対策の効果を狙った意味が大きいです。なので、多くの相互リンクに熱心なサイトでは、相互リンク先のタイトル名だけを並べたリンク集ページになっています。

しかしこれでは、そのリンク集を作っている目的が、Googleに「SEO効果を狙ったのみで、訪問者の役に立つという目的ではない」と判断され、これもサイト評価を下げられるリスクにつながります。

ですので、相互リンク先の情報を掲載するページには、自分の言葉でしっかりと「何故そのサイトが良いと思って紹介しているのか?」という紹介文を添えるべきです。

そうする事で「SEO効果だけを目的としている」という不自然さは消えますし、相互リンク先の運営者さんも喜んでくれると思いますので、末永い相互リンクのお付き合いができるようになります。

◆どのくらいの数とペースで相互リンクをすべきか?

相互リンクも、手当たり次第に相互リンク先を増やしていけば良いわけではありません。

「被リンク効果だけを見込んだ相互リンク」ばかりを行なっているサイトとみなされると、Googleからのサイト評価が下がって、大幅な順位ダウンや、ひどい場合は検索エンジンからのインデックス削除をされる場合もあります。

ですので、月間の相互リンク先の増加数が 5程度になるように進めていくのがベターかと思います。
(評価の高いサイトとの相互リンクであれば、これだけの数でも充分に高い効果が期待できます。)

10件申し込んでも、半数以上は返事が無い、という事も、相互リンクをやっていればよくある事ですから、実際に5~10件の依頼をすれば、そのうち何件は応じてくれる…という自サイトの依頼の反応率を考えながら、依頼数を調整していけば良いです。

しばらく全く反応がなかったので「え~い、今日は30件申請してみよう!」などの、極端なやり方は避けましょう。ポイントしては、落ち着いて反応を確認し、「無理に増やそうとしない事」を念頭に置いて、作業を進める事です。

以上、相互リンクを進める際の注意点でした。

結論:相互リンクは「量より質」を重視する事、そして自サイトのコンテンツの充実にも力を入れる事!

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ