広告の効果を飛躍的に上げる具体策!A4一枚アンケートで利益を5倍にする方法

販促活動において、何の考えもなしに適当に作られた広告ほど恐ろしいものはありません。

印刷物の制作から広告出稿まで、何十万円もの費用をかけておいて、その反応といえば、問い合わせの電話が1,2件かかってきた程度…なんて、本当に笑えません。

未だに広告を出すという事に対して、

「広告の反応があったかどうかは正直微妙だけど、まずは多くの人に知ってもらう事が大切だから、すぐに利益に繋がらなくても仕方がない…」

広告費は高いけどまずは知ってもらわないと...は間違い!

という考え方のもと、なけなしのお金を使って広告を出している事業者の方は多いかと思います。

ですが今の時代、こんなことを続けていては、会社は一瞬にして傾いてしまいます。

「広告を出すからには、必ず、かけた広告費以上の利益になるようにするんだ!」

という、確固たる意思のもと、内容をしっかりと考えた広告を作成していかないと、いつまで経っても、利益を生むどころか広告費用すら回収する事もできません。

◆では、どうすれば「実際に利益につながる広告」を作る事ができるのか?

「それはもちろん、実際に注文が増える広告を作る事ができればベストだけど、自分は広告作成の専門家でもないし、実際にどうやってそれをやっていけば良いのだろう…」

というところで、次のアイデアが浮かばず、悩んでいる方も多いかと思います。

考えられる手段として、

・同業他社の広告の内容を真似してみる
・キャッチコピーの本を読んで勉強する
・派手な目立つデザインにしてみる

などの行動にチャレンジされる方も多いかと思いますが、これらを自分の考えで行ったところで、それが本当に改善につながるかは、微妙なところです。

正しい広告作成のノウハウを学ぶ

せっかくやるのであれば「確実に効果の出る改善プラン」を実行すべきです。

それはどんな方法かというと、

「お客様の声」からヒントを得て、広告内容を改善していくというやり方です。

◆自社が選ばれた理由は何か?をきちんと把握する事で、広告内容は大幅に改善する!

実は販売者というのは、日々自社の商品やサービスを販売しておきながら、そのお客さんが「なぜウチを選んでくれたのか?」という事の、多種多様なニーズを把握できていない場合が多いです。

同じ商圏の中に、同じような商品やサービスを販売している会社もあるのに、どうして自社が選ばれたのか?という事には、全く想定外のニーズが含まれている可能性があります。

例えば「釣具」のショップの店長さんが

ご相談店長「ウチの店はお客さんの多様なニーズに応えられる品揃えが売りだ!

それで、お客さんが付いてくれている!もっと品揃えを増やせば、お客さんも増える!」

と考えていたとします。

でも、実際のところお客さんの本音としては

男性アイコンお客さん「この店って、釣具選びに懇切丁寧に対応してくれる、スタッフさんの接客力の高さが魅力なんだよね~!

いつも嫌な顔ひとつぜず長時間相談に乗ってくれるし、勧めてくれた商品も、バッチリ希望通りなんだ!」

という感じで、実は品揃えの豊富さがあまり重視されておらず、力を入れるべきはそこではない…という事も、大いにありえるわけです。

そしてもちろん、同じ業種であっても、地域によって同じ内容が求められるとは限らない訳ですから、業界内での統一された広告の成功法則のようなものも、存在しない訳です。

それではどうやって、お客様が自分の会社を選んでくれた理由を探りだすか?というと、これは、

「お客様アンケート」

を利用して、お客様に直接実際のところを聞いてみれば良いわけです。

お客様アンケートのデータを蓄積していった結果、実際に自社を選んでくれた理由が明確になってくれば、広告を出稿する際に

「我が社の強みは○○です!○○においては他店には絶対に負けません!」

というキャッチコピーとともに、実際のお客様の声を添えて掲載すれば、そのような潜在ニーズを持っていたお客さんの強く心に響き、実際の問い合わせや来店につながる確率が、飛躍的にアップするわけです。

こうなれば広告は単に「多くの人に知ってもらう」というレベルを超えて、

「毎回かけた費用以上の利益をもたらしてくれる、スゴ腕の営業マン!」

として会社に貢献してくれるようになります。

お客様アンケートから改善策が見えてくる!

「これが、お客様が当社を選んでくれた本音….改善策が、見えてきた!!」

◆お客様アンケートから効果的な広告を生み出す具体的な方法が書かれた書籍

アンケートを活用した広告の改善方法が効果的だという事は、理解しました。

でも、具体的に進めていくにあたり、

「お客さんに尋ねるアンケートの内容は、どんなものにすれば良いの?」

「もらったアンケートを、どのように広告に反映させていけば良いの?」

という疑問が頭に浮かんでくるかと思います。

確かにその通りで、

アンケートの内容も、きちんとした戦略に基づいて作る必要があります。

このアンケート項目を適当に決めてしまうと、昔のファミレスやラーメン店などによく置いてあった、味や接客態度などを適当に評価するような、集めてもほとんど役に立たないデータになってしまいます。

お客様からもらったアンケートを広告の改善に最大限に活用したいのであれば、

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!岡本 達彦  (著)

という書籍のノウハウが、非常に役に立ちます。

この書籍には、シンプルで具体的なアンケートの活用方法が紹介されていて、その雛型(テンプレート)も付属していますので、センスや経験を問わず、誰でもすぐに、この本に書かれているノウハウを実践する事ができます。

「内容は良いにしても、実際にそれを実行するためには、ある程度の経験や知識が必要であり、それを実行段階に事がなかなか難しい…」という書籍も多いですが、この書籍で紹介されている内容は本当にシンプルにまとまっており、本当に誰でもすぐに使う事ができます。

この本に書かれている、アンケート活用のノウハウについて、これまで真剣に考えた事がなかった方にとってみると、まさに目からウロコの内容かと思います。

そして、これを知った後、これまでに自社で出してきた広告が、どれほどいい加減で、効果が出るはずがないものだったのか…という事がわかり、ちょっとゾクッとするかもしれません(笑)

この書籍を絶対に読むべき方を挙げるとすれば、

・広告作成の担当者
・Web制作の担当者
・HPや広告も自分で作る必要がある個人事業主
・自分のブログで何を紹介しても全く売れないブロガー(アフィリエイター)

などの方になるかと思いますが、商品販売に携わる人間であれば、誰でも知っておいて絶対に損はない内容です。

この書籍に書かれているノウハウを理解し改善を進めれば、タイトルにあるような「利益を5倍にする」という事も、決して夢ではありません。

十分にありえる現実的な話です。

◆広告の反応率が1%上がるだけで、利益は大幅に増える

広告の反応率がわずかでも改善すれば、広告の費用対効果は飛躍的に改善します。

例えば、1万人の読者がいる広告媒体に10万円で広告を出し、その反応率が0.5%だったとします。

この場合、1万人の0.5%で「50人」が購入してくれる計算になり、1人のお客さんを獲得するのにかかった広告費は「2,000円」となります。

この状態から広告を改善し、反応率が0.5%増え、1%になったとします。

そうすると、1万人の1%で「100人」が購入してくれる計算になり、1人のお客さんを獲得するのにかかった広告費は一気に半額の「1,000円」となります。

販売していたのが5,000円の商品だとすれば、

反応率0.5%の場合では、売上の40%
反応率1.0%の場合では、売上の20%

という計算となります。

当然、手元に最終利益として残るお金も、全然違ってきます。

このように、広告の反応率がわずか0.5%程度改善するだけで、そこから得られる利益は大幅に違ってくるわけです。

「十万円の広告費を使って、50人の購入者では利益が出なかったけれど、100人買ってくれれば、充分に利益が出る!」

という事になれば、過去に赤字で手を引いた広告媒体にも、再度出稿をする事も可能になります。

こうなれば、広告費の問題で同業他社が手を出さないような広告媒体にも積極的に出稿する事が可能になり、さらにアグレッシブに利益を伸ばしていく事も可能になります。

こうなればもう、しめたものです!

インターネット時代の最大のメリット アフィリエイト
「広告費以上の利益が毎回出るって、最高!!」

この書籍のアイデアを取り入れることによって、これから出す広告の内容がたったの0.1%改善するだけでも、この書籍に払った金額の何十倍、何百倍の利益になるはずです。

広告作成に少しでも関わりのあるポジションにいる方は、ぜひお読みになってください。

私はいつでも手元で書籍の内容を確認できるようにと、AmazonKindleの電子書籍版を購入しましたが、広告原稿を作成した後のチェックなどにとても役立っています(^^)

タブレットやスマートフォンをお使いの方は、ぜひ電子書籍版で購入される事をおすすめします。

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!

この書籍を購入する前に、書評や読んでみた感想・口コミ情報などを知りたかった方にも「間違いなくお値段以上の良書」として、小西が太鼓判を押しておすすめ致します(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ