Googleキーワードプランナーやサジェスト機能を有効活用する方法

日々アクセスを集めるための記事を書いていくために、グーグルキーワードプランナーで集めたキーワードや、検索エンジンにキーワードを入力した時に、よく検索されている複合の参考表示(サジェスト機能)などから、新しいキーワードを集めていらっしゃる方も多いと思います。

こういった方法は「実際に過去に検索されている履歴がある」という、言ってみれば「アクセスが来るのがわかっているキーワード」という事になりますので、サイトでのウエブ集客を行っていくための情報としては、非常に貴重なものとなります。

ただ、こういったキーワードをせっかく集めても、これらのキーワードでどのような記事を書くのか?という事によって、ただ単にアクセスは集まるけど無反応なのか?アクセスが集まりちゃんと問い合わせや申し込みが取れるのか?という事が違ってきます。

ですので、ただこれらによって集めたキーワードで、言葉遊びのような適当な記事を書いていくような事をしていては、せっかくの作業も無駄になってしまいます。

そうならないために、そのキーワードで少しでも問い合わせや申し込みにつなげるには、どのような記事を書くべきなのか?という事については、ちゃんとアイデアを練るようにしましょう。

その際に参考になるのは、やはり「すでに現状の検索結果で上位表示をしているサイト」の情報です。

サジェストワードで検索

グーグルキーワードプランナーで表示されるキーワードや、サジェスト機能で表示されるキーワードというのは、もちろんあなたと同じように「アクセスが集まる効率の良いキーワード」と認識して記事を書いている方が多いですし、当然、そこには積極的に申し込みを取るために試行錯誤されたアイデアが込められているわけです。

それらの既存のサイトが、その複合キーワードに対してどんな提案をしているのか?どんな問題提起をして、どんな流れで、どんな自社商品を紹介してるのか?という事を見ることによって、自社で記事を作るときのアイデアを得る事ができます。

こういったサジェスト検索での検索結果のサイトをひとつひとつ見ていくと、自分が持っていたそれまでの常識では考えられないようなアイデアで、見事な集客を行っている競合サイトが見つかる事もあります

こういったマメな情報収集からアイデアを得て、自社内でのノウハウとして蓄積していく事で、コンテンツ作成の効率は確実にアップしていきます。

これらは地道な作業ではありますが、上記のサイト運営で結果を出すためには必須の取り組みになってきますので、面倒くさがらず、地道に積み上げていきましょう!

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ