基礎ドリル3:サイトタイトル ブログタイトルの決定 その2 検索数を調査する

◆基礎ドリル3:サイトタイトル ブログタイトルの決定 その2 検索数を調査する

基礎ドリル1 サイトタイトル ブログタイトルの正しい決め方 その1 で、
検索者の気持ちになってタイトルを考える!という事はわかりました!

「確かに、検索ユーザーさんの気持ちになって、
頑張ってアイデアをしぼれば、いろいろなキーワードが見えてきそう!」

富山でエステサロンを経営するA子さんは、心を新たにし、
創業当初に「英語の方がなんかクールよね~」と思ってフィーリングでつけた

Total Beauty Salon【A-Studio】

という自分のサロンのサイトタイトルを、人知れず修正する決意をしました。

「さて、まずはさっそくキーワードのあぶりだし作業ね」

A子さんはまず、自分のサロンが提供しているサービスのキーワードを出してみました。

「エステ、ダイエット、痩身、やせる、美肌、美顔、脱毛…
とりあえずこんなところじゃないかな~?細かく言えばまだいろいろあるだろうけど….

…う~ん でも、これらのキーワードの中から、
どのキーワードをメインにすればいいのかな?

どうせなら、やっぱり多くの人が検索しているキーワードを、
メインとするべきなんだろうけど、そんなのわからないしね…」

はい。それ、実はわかるんです。

◆キーワードの月間検索数を調査する

準備編 で紹介している Gメール を取得してあれば、

グーグルキーワードツール

というサービスを利用し、
「どんなキーワードが、月間どれくらい検索されているか?」
という事がわかります。

それでは実際に グーグルキーワードツール にアクセスしましょう。

(※初回は、Google AdWordsというサービスのアカウント登録の画面になりますが、
お金はかかりませんので、次へ、次へ、と進めて完了してください。)

上部の窓に、希望の検索ワードを入力して決定すると、
あっという間に、検索数と、関連するワードまでが表示されます。

A子さんのような悩みを持つ方にとっては、
まさに夢のようなツールです。
(当然、私小西も日常的に利用しています)

富山 エステ で実際に調査してみた結果が、下記の画像です。

クリックして拡大して見てください。

Este

富山 エステ 以外にも、
関連するキーワードを打ち込んでチェックしてみると、
下記のような検索数がある事が判明しました。

富山 エステ 1600件
富山 脱毛 590件
富山 ダイエット 110件
富山 痩身 46件

この調査の結果、最も検索数が多いのは「富山 エステ」である事が判明し、
次は「富山 脱毛」が多い事がわかりました。

「ウチは脱毛も力を入れているから、エステと脱毛の2つのキーワードををターゲットにすればバッチリね!」

と、A子さんのテンションも上がってきました。

富山のエステサロン 痩身  脱毛なら【A-Studio】

…でどうかしら?

はい。そのあたりで悪くない狙いですね(^^)

ただ、痩身・ ダイエット までになると、月間検索数がかなり少ないですし、
メインに据えるワードとしては
エステ 脱毛 の2つあたりまでにしておくのがベターですね。
(痩身・ダイエットは、トップページではなく別の階層のページで狙いましょう。)

これで、だいたいタイトルの方向性が見えてきましたね。

あとは、競合店の似たようなタイトルが立ち並ぶ検索結果の中で、
興味を持ってクリックしてもらう事、
そして、「高額」「心配」「騙されたくない」という心理の人も多い
エステというジャンルでの検索という事を考えれば、

富山のエステ 脱毛なら 認定エステティシャンが施術する【A-Studio】

などの安心感をアピールするタイトルすれば、同じ検索結果の中でも注目度が増します。
(競合他社にそのような配慮が無い場合は、特に狙い目ですね。)

では、まとめます。

◆サイトタイトルを決定する流れ

1. 自社の見込み客となる層が「どんな言葉でネット検索をするか?」を予想し、キーワードを洗い出す。

2. 洗い出したキーワードを、グーグルキーワードツールに入力して、月間検索数を調査する。

3. 検索数が多く、かつ、自社で売りたいものにマッチしているワードを、サイトのメインワードとして決定する。

そして実際のタイトル文章を考える段階においては、

・欲張って複数のキーワードを入れない事
・その検索をしている層のニーズを読み取り、その心に響くワードを入れる事(興味をひくキャッチ)

を意識する。

という事になります。

これだけのリサーチのもとにタイトルを決定していれば、
推測やフィーリングだけで適当なタイトルを決めている競合店に、
それだけで大きな差をつける事ができます!

さて、これで タイトルを決定する事 については、
頭も使って考えて、検索数の分析もしました。

これでほぼ決定ではあるのですが、
最後にもうひとつだけ簡単な調査をします。

これにより、場合によっては、
決定したタイトルの変更を余儀なくされる場合もあります。

簡単な作業ですので、
こちらもぜひすぐにやってみてくださいね!

基礎ドリル3:サイトタイトル ブログタイトルの決定 その3 競合の強さを調査する

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ