コンサルティングを受講するメリット やらなければならない状況に自らを置く事 目標設定・自己管理

コンサルティングを受講する事の考え方というのは、人によってウェイトが置かれる部分が違うという事を、とある仕事仲間の方と話していて、あらためて思いました。

コンサルティングを受けるという事は、

・その分野のビジネスのノウハウを、知識と経験を持ち合わせた専門家から教わることができる
・次にやるべき行動を指導者に示してもらえる。

というメリットがあります。

このコンサルティングの二つのメリットをにおいては、ほとんどの方が、前者の、専門家からノウハウを学べることにウェイトをおいて、受講されます。

しかし、ある程度ノウハウが身に付いた後でも、継続的にコンサルティングを受け続ける方もいらっしゃいます。

これは、後者の、次にやるべき行動を指導者に示してもらえる事と、指導者に、次はこれに取り組むという事を宣言している以上、それをやらずには次に顔を合わせられない…という状態に、自分を追い込んで管理しようという気持ちを持っている方ですね。

こういった方というのは、自分自身でやるべきことがある程度見えていて、次にはこれをやるべき…という事がわかっていながらも、自分のペースで進めているだけでは、どうしても歩みが遅くなってしまうので、自分を追い込むという意味も込めて、コンサルティングが必要と考えています。

これも非常に有益な、コンサルティングの受講の仕方かと思います。

私自身も過去には、Webのコンサルティングから、通販業務、その他様々な活動をしている中で、経理や社長としての業務もやっていましたので、毎日自由になる時間というのが本当に限られていました。

油断をすると、日々の忙しさにかまけてあっという間に1日が終わり、将来に向けての積み上げとなる仕事が全然できていない…という状態に陥って、日々悶々としていた事がありました。

ですので、私自身も、経営状態としては特別な問題のない中であっても、定期的にコンサルティングを受講する事にして、現在優先すべきことは何なのか?重視すべき事は?逆に、手放すべき事は?…という事などについて、第三者の専門家にアドバイスを受けるようにしています。

以前にとある有名コンサルタントの方の本を読んだときに、

すでに億単位の年商がある優秀なコンサルタントの方が、自分を客観視してもらうために、年商で言えば自分よりも数字の少ないコンサルタント会社に、コンサルティングを依頼している

…という事が書かれていました。

これを読んで、私もその必要性に気付き、自分が今取り組んでいる事が絶対に間違っていない!と思える期間であっても、コンサルティングを受講するようにしました。

また、受講するコンサルティングによっては、同じコンサルティングを受けている仲間とのグループワークが開催されるものもあり、そういったところで、また同じ分野の専門家を目指す人間の意見がもらえたり、交流が生まれることで、自らの意識が変わって行くこともあります。

「コンサルタントに、やると宣言した以上、次に進歩していなければ、恥ずかしくて顔を合わせられない…」という心理が、こういったグループワークで出会った仲間に対しても出てきます。

次に会う時までには「自分はこのぐらい伸びましたよ!」という事が胸を張って宣言できるように、頑張ろうという気持ちになります。

こういった事も、コンサルティングを受講する事の大きなメリットの一つでもありますよね!

以上、コンサルティングを受講する考え方にもいろいろあるという事、そして、コンサルティングを受講するメリットは、ノウハウを身につけることだけではない!という事についてお話しました。

あなたのビジネスの成功のための参考になりましたら幸いです(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ