コンテンツ作成 3:これまでの実績 実力を証明する資格や経歴を掲載する

◆2.これまでの実績 実力を証明する資格や経歴を掲載する

あなたも検索者側の立場でサイトを見る事をイメージしてもらえば、
これはすぐにお分かりいただける事だと思いますが、
ネットで実際に 問い合わせ・購入 などのアクションを起こすのは、
必ず、自分の気持ちの中で「信頼・安心」が生まれてからです。

情報の受け手は必ず、

「この運営者は、自分の今の悩みを解決する方法を知っている人間である。」

という、気持ちになってはじめて、
問い合わせや、紹介されている商品・サービスの購入などの、
次のステップのアクションを起こすものです。

ですので、あなたが、

・その分野での実績がある
・その分野での長い経験を持っている
・その分野での専門的な資格を持っている
・かつてその悩みを持っていて、それを克服した体験がある

という事が伝わる内容を書きましょう。

これまでの実績 実力を証明する資格や経歴の掲載例

ここでも私の場合を例に箇条書きしてみますので、
参考にしてみてください。

・その分野での実績がある:過去のコンサル成功率100%、自社通販売上1億円達成
・その分野での長い経験を持っている:ネットビジネスが専業となってから約8年
・その分野での専門的な資格を持っている:全日本SEO協会 SEOコンサルタント
・かつてその悩みを持っていて、それを克服した体験がある:ワーキングプア状態だったサラリーマン時代に、知識・経験ともゼロの状態から勉強して独立する事ができた

これらの情報がある事で、
読む人の信頼感と安心感がアップします。

あなたが伝えたい事を、思いを込めて書いていきましょう!

多少長い内容になったとしても、
あなたが歩んできた人生のストーリーが、
読み手にとって最も説得力のあるものとして受け入れられる事もありますので、
幼少の頃からの自分の生い立ちから書くのも良いですね。

例えば、

・実家が自営業で、お父さんが会計や資金繰りに苦労しているのを見てきたので、税理士になった

・小さい頃から工作が大好きだった。学生時代、あるメーカーの工芸品に深く感動し、そのメーカーの職人になった

・小さい頃からお母さんとのお菓子作りが大好きで、友達にも自分の作ったお菓子を褒められて、すごく嬉しかった。もっと美味しいお菓子を作りたい!と思ってお菓子作りの専門学校に行き、パティシエになった

などのストーリーがあると、

「この人にとってはこの仕事が天職なのだろうな。」
「自分の仕事が好きでプライドを持ってやっている人が売っている商品やサービスだから、きっと良いものなのだろう。」

という印象を受けますよね。

こういった自己開示をしていく事によって、
ビジネスでの説得力が増すだけではなく、
ビジネスの枠を超えた、人と人とのつながりが生まれていく事にもなります。

インターネットビジネスにおいて、売上をあげる為だけではなく、
価値観の合う信頼できる人達とつながり、精神的にも豊かな人生を送りたいのなら、
ぜひ、積極的にこういった情報発信もしてみてください。

こちらも一度しっかりと作り込めば、
その後は、伝えたい事が加わったときに、
書き足していけば良いわけですので、
最初に頑張って作っておくだけの価値はありますので、
手を抜かずに取り組みましょう!

まだビジネスをスタートしたばかりで、
実績や専門家としての資格が無い場合には、
「こんな事を目指しています。そして、日々前進しています」
というものでも構いませんが、当然それは実績(実力の証明)にはなりませんから、
あまり訴求力のあるものにはなりません。

可能な限り早く実績を作り、それを掲載していきましょう。

それでは次は、

>> 3.お客様の声

について解説していきます。

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ