Q.SEO対策としてページボリューム(サイトのページの多さ・量)は重視すべきですか?

Q.SEO対策としてページボリューム(サイトのページの多さ・量)が重要だと言われているので、とにかく毎日何か書かなければいけないと思い、ネタを使いまわしたり、時事ネタや住んでいる地域のニュースなどをテーマに記事を書いたりしています。

現状これで100ページくらいのブログにはなったのですが、これはどのくらいまで続ければSEO的に効果があるといえる状態になるでしょうか?

A.オリジナリティが低く、コンテンツとしての価値が低いページばかりをたくさん増やしても、SEO対策としては逆効果になってしまうリスクもあります。あなたの取り組んでいるテーマで、まずは徹底した顧客層(ターゲット層)のリサーチを行い、求められている情報から優先的に書くようにしましょう。

相談者さんのおしゃる通り、以前のGoogleでは、ページ数の多いサイトが評価されやすく、ページランクも上がりやすい…と言われていた時期がありました。そしてこれはある時期においては事実でもありました。

ですがここ最近のグーグルの様々なアップデートによって、そのようなページ数の多いサイトであっても、中のほとんどのページにアクセスがなく、有益な情報が備えられていない…というように判断されてしまうと、そのサイトの中に一つか二つの人気ページがあったとしても、その評価までも、引きずられるように下がってしまう可能性があります。

以前からアフィリエイトでは、新着ニュースや芸能ニュースを追いかけて記事を書き、それでアクセスを集める…というような方法を教えている方がかなり多いですから、実際にそのようなブログが、世の中にそれこそ数千数万と存在しています。

ですので、こういった、単なる流行の話題を題材にして、少し自分のコメントをしただけのサイトというのは、現在では、Googleにとっては迷惑行為のように捉えられているわけです。(もちろんこのやり方にもテクニックがあるのですが)

そういった状況になっていますので、相談者さんが現在作成なさった100ページのサイトも、もしそのような内容であるとすれば、今後はそのやり方を改めるのが無難です。

このような内容の薄いブログ記事をたくさん投稿していくというやり方は、将来的に必ずリスクになってくると思われますので、少なくとも、メインに据えているサイトにおいては、絶対にこのような事はしない方が良いです。

今後の長期視点でのSEO対策を考えた場合には
「求められている記事を書くこと」に、必ず意識を向けるようにしましょう。

そのような意識を持って作った記事が、最終的には長期的にアクセスを集めてくれる優良なものになりますし、もちろん、SEO対策的にも効果を発揮してきます。

安易に行えて、実際にアクセスも集まる、ニュース記事を追いかけるという方法については、魅力的に感じてしまう方も多いと思いますが、これでアクセスを集めることと、メインに据えるビジネスにアクセスを集めることは全然違います。

その辺りの苦労をいつまでも先延ばしにして、直近の取り組みやすい事ばかりをしていては、結局のところWeb上の資産構築はいつまでたっても構いません。

長期でWEBのビジネスをしていきたいと考えるのなら、必ず「求められている記事を書くこと」、に頭と時間を使うようにしてください。

以上、Web集客の成功の参考になりましたら幸いです(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ