Q.WEBでのセミナー集客に成功する方法について教えてください

Q.WEBでのセミナー集客に成功する方法について教えてください

経営者向けのセミナ-開催を検討しています。
テ-マは、節税、相続・事業承継、資金繰りといった財務面での内容が中心となります。

FAXDMは一度実施しましたが、やはり反応が悪いうえに経費も相当かかりますので、継続的に実施していくことには懐疑的です。
アドバイスを宜しくお願いします。

A.まずは現状のターゲット設定と広告内容が最適かどうか?をテストし、反応の取れる広告(WEBページ)が作成できたところで、積極的な集客を行っていきましょう。

まずFAX DMという集客手段が間違っていたのではなく、広告を配信したターゲット層(顧客層)や、広告の内容が適切ではなかった可能性もあります。

ですので、作成された広告内容をもとにWebページを作成し、そこにアクセスを集めてみて、まずはどの程度の反応がとれるのか?という事確認した上で、その後のWeb集客に投入する広告費を考えていくべきかと思います。

…以下、その流れについてご説明します。

◆反応が取れなかった広告の原因を考えて改善する

まず広告での反応が取れない原因として、

1.広告を配信したターゲット層がマッチしていない。(ターゲット層が明確に絞り込めていない。)
2.広告を配信したターゲット層の心に響くメリットが伝えられていない。

というどちらかになりますので、この改善を考えていく必要があります。

どちらに原因があって反応が得られていないのか?という事は、反応が少ない状態では判断のしようがありませんので、まずは 1.広告を配信したターゲット層がマッチしていない。(ターゲット層が明確に絞り込めていない。)から疑ってみます。

例えば、現状までに行われたFAX DMであれば、経営者向けのセミナーとして配信され、経営者にとって様々な内容が学べるものとされたようですが、これが多すぎる事によって、「どの情報においても、専門的な深いレベルでの話を聞けないかもしれない…」というような、初歩的な講座というイメージを持たれてしまい、初歩的な事の理解を越えている経営者の方の心に響かなかった可能性もあります。

提供するターゲット層をより絞り込んで明確にし、対象となる方たちがどのような悩みを持っているのか?どんな事を解決したいと思っているのか?…という事をズバリと指摘した広告内容でアピールをしていくべきです。

駆け出しの経営者の方に向けたセミナーであれば、そのようなタイトルにすべきですし、
利益が出ていて節税を積極的に考えている経営者の方を集めたいのなら、そのようなタイトルにすべきです。

◆WEBでの集客を考える

上記の広告の改善点を踏まえて、Webでのランディングページ(サービスのメリットを明確に伝えている申し込み専用ページ)を作成し、まずはそこにPPC広告でテスト的に集客行ってみるのが良いでしょう。

もちろん、そのテスト的な広告費の投入で、すでにプラスになるようであれば、そのまま広告出稿を続ければ良いです。

目安としては、ランディングページへのアクセスに対して1%程度の反応が取れているようであれば、現状のところで大きく間違った広告内容ではないと仮定し、今後新たな経路からのアクセス数を増やしながら、引き続きランディングページも改善していくと良いです。

PPC広告では費用対効果が見合わないようであれば、そこからはその他の集客方法を考えていくと良いですね。また、セミナーそのもので投下した広告費を回収しようと思うと、難しい場合もあるかと思いますので、セミナーに来場いただいた方に販売する次のオファーもきちんと整えておく必要があるでしょう。(PPC広告のの費用対効果も、そこまで考えて計算すべきです)

今後も御社の事業の中で、セミナー集客を継続的にお考えのようであれば、なるべく早めに、ブログ集客をメインにしたサイト集客の土台作りに着手される事がおすすめです。

お金を使わずにブログ集客をする方法については、この集客ドリルのサイトでいろいろと紹介をしておりますので、ぜひ参考になさってみてくださいね!

以上、Web集客の成功のご参考になりましたら幸いです(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ