Q.ブログの必要性がいまひとつわかりません。なのでやる気も出ません

Q.ブログの必要性がいまひとつわかりません。なのでやる気も出ません

A.ブログを書いていく事は、WEB集客において必須の重要ポイントです。
会社の雰囲気を伝えて、親近感を持ってもらう事が
目的だと思っていては、明確な効果が感じられずに継続できません。

まずはブログの役割と価値を、正しく理解しましょう!

「ブログって何を書いて良いかわからないんですよね。
それに、やっている事に意味があるのかもよくわからなくて…」

こちらも企業のWebサイト運営の担当者の方などから、
本当によくいただくご相談ですね。

まず一番多い、ブログを書くという事への認識の間違いは、

「ブログを書くという事は、会社の活動報告をしたり、会社の雰囲気を伝えて、親近感を持ってもらうこと。」

と考えている事です。

これももちろん、ブログの持つ大切な役割の一つではあるのですが、これをメインという事で考えてしまうと、そこからどんな結果が得られているのか?という事を、数字で判断するという事ができませんから、当然ですけども、それをやっている事の価値を感じることができず、いずれは更新がストップしてしまいます。

つまり、これは今までブログを継続する事ができなかったあなたが、怠け者だったから…という事ではなく、やっている事に意味が感じられない、やっている事がどんな効果を産んでいるのかわからない…という事になれば、人間であれば誰しもモチベーションが上がらないのは当然ですね。

ですのでまずは、ブログを書いていく、そして継続していくことの正しい意味をしっかりと理解してください。

ブログの最も重要な役割と目的は、
「ブログを書く事で、より多くの見込み客を集める(あなたの商品・サービスを欲しがる人のアクセスを集める)」事です。

社内の雰囲気を伝えたり、活動報告をする目的は2番手以降の目的と考えてください。まずはとにかく、アクセスアップのためにやるんだ!という意識をはっきりと持つことです。

これはインターネット時代のビジネスの成功法則で言われる、アマゾンに代表される ロングテール理論 というのをご存知の方であれば、まさにそれがブログのページ数を増やすという事にそのまま当てはまると考えていただければ、理解が早いと思います。

簡単に言えば、10ページしかないウェブサイトと、100ページあるWEBサイトでは、インターネット検索をされた時に、ヒットする対象ページが10倍違うという事になります。

ブログのページ数が多いほど、自分の主観では予想もつかないようなキーワードで、どんどん検索が増えるようになります。そうすると、そこから実際に問い合わせお申し込みに発展する数は確実にアップしますし、アクセス解析で、訪問者が増えているという実感を日々する事もできますので、モチベーションも途切れなくなります。

また、アクセス解析の分析から「こんなニーズもあるのか!」というような、予想もしなかったヒントを得られる機会も増えてきます。こういった事が増えてくると、俄然、ブログ更新が楽しくなってきます。

あとこちらもよくあるお話で

「業界で自分より知識が上で、もっと詳しい情報を書いている専門家の方はいくらでもいるので、自分の書いたブログなんて、誰も読まない気がするのですが…」

という心理で手が止まっている方もいらっしゃいます。

ですが、これについては心配無用です

これはあなた自身が、日々インターネット検索をしている中で思いあたると思うのですが、何か情報を知りたいと思って検索をした時に、ヒットしてくるサイトというのは、必ずしもどこかの大手企業が運営しているものであったり、有名人のサイトになってくるでしょうか?そんなことは全くありませんよね。

あなたも日々、どこの誰が書いたかわからないブログから、パソコンのトラブルの解決法を見つけたり、行く予定のレストランの評判をチェックしたり、購入を検討している商品のレビュー情報を見つけたりしていますよね?

ですから、自分が一生懸命ブログを書いても、先に始めている競合他社や、業界の大手にはかなわないのではないか…?という気持ちは、スッパリと捨ててください。

あなたの書いた記事でも、それを必要としてやってくる方は、必ずいますので、日々、お客さんに求められている情報をしっかりと書いていけば、アクセスは必ず集まります!

まとめ: ブログはアクセスアップのため、売上アップのために絶対必要!と考える。単なる活動報告では、意味が感じられずにモチベーションが続かないのは当たり前!

★必見の関連記事: Q.ブログに何を書いてよいのかわかりません。すぐネタ切れになります…

 

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ