Q.ブログに何を書いてよいのかわかりません。すぐネタ切れになります…

Q.ブログに何を書いてよいのかわかりません。すぐネタ切れになります…

A.自社の商品・サービスと、お客様のニーズを理解すれば、ネタはいくらでも出てきます

では次に「ブログのネタが無い」という問題ですが、こちらについても非常に多い質問ですね。
ブログのネタ出しの方法に悩み、書くことが無くて、日々のニュースを題材して、時事ネタのコメンテーターのようになっている店長ブログなどもたまに見かけますよね(^_^;)

ですが「ブログのネタを出す」という事については、それほど難しい事ではないんです。

これについては、あなたが自分の会社の商売をなさっていて、取り扱っている商品のメリットを理解し、どんな場面で利用されるのか?どんなお客さんがそれを購入してくれているのか?という事を考えれば、書くネタなどは本来いくらでも出てくるはずです。

例えば昨日かかってきた電話や、今日来店されたお客さんと話した内容を思い出してください。

「このようなお悩みを持ったお客さんが、このような商品をご購入いただきました」

という事だけでも、かなり書くことができます。

例えば、あなたが和菓子屋さんを営んでいるとします。
そこに下記のようなニーズを持ったお客さんが来店されたとします。

男性客A 「あの~ ちょっとお聞きしたいのですがよろしいですか?

お世話になっている方に和菓子のギフトを贈りたいと思っているのですが、確かその方は甘過ぎるお菓子が苦手だったと思うので、あまり甘すぎないさっぱりしたお菓子で、予算は五千円くらいで考えています。

そして、やはり贈り物なので、箱もできれば見た目の良いものを選びたいんですが、そういうのって、こちらにありますか??」

う~ん なんともありそうな質問ですよね。

和菓子屋さんをやっていれば、毎日がお客さんとのこのようなやりとりで成り立っていますよね。

(ちなみにこれは、実際に、私が地元 富山大和デパートの、ある和菓子屋の店員さんにした質問です(笑))

この「質問(お客さんのニーズ)を題材に」ブログ記事を書けば良いのです。

本日このようなご希望のお客様が来店されました。当店にはまさにこのようなニーズにぴったりの商品があり、それはこちらです…

という流れで、あっさりと一つのブログの記事になりますよね。しかも全然悩むことがなくとてもスムーズに書けると思います。

こういった流れでブログを書けば良い!と理解できれば、後は簡単です。

実際にお客さんが来店されて、そこからダイレクトに問いかけがあったという場合ではなくとも、商品特性を深く理解し、どんな人がどんな機会にそれを購入するのか?
という事がわかれば、そこから利用シーンを考えてブログを書くことができるわけです。

例えば上記の例で言えば、実際に来店があってそのような質問を受けた…という出来事が最近は無いとしても、実際に、甘すぎない和菓子セットで、贈答用としてしっかりしたもの…というニーズを満たす商品は自社にあるわけですから、それをどんなときにどのような方に送るのに使えるか?という事を想定して、提案するブログを書けば良いわけですね。

・自社で取り扱っている商品の特性を深く理解する。
・そしてそれを必要としている人の状態を深く理解する。

という事を考えれば、自社に持っている商品の数だけ、ブログは書けて当たり前という事になります。

そしてこういった、しっかりとお客様のニーズを把握した、問題解決、提案型の内容になっているブログというのは、まさにそのニーズを持ったお客様が訪問された時には、実際に購入をしてもらえる確率がかなり高くなるわけですから、これは本当に理想的なブログ記事となります。

(これは個人の方がアフィリエイトに取り組むときにも、そのまま当てはまります。)

以上、ブログを書くべき理由と、その先にある大きなメリットをご理解頂けたでしょうか?

これもインターネットビジネスを成功させるためには非常に重要なポイントになってきなってきますので、ぜひ、ブログのネタを書くことに困らなくなるまでは、このページお気に入り登録しておいて、たまに読み返してみてくださいね!

まとめ:自社の商品・サービスの特性と、お客様のニーズに的をしぼって考えれば、ブログのネタはいくらでも出てくる!特に、お客様からの問い合わせは、素晴らしい題材となる。

関連記事: Q.ブログの必要性がいまひとつわかりません。なのでやる気も出ません

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ