Q.自分が運営しているサイトの現状の評価はどうやって判断できますか?

Q.自分が運営しているサイトの現状の評価はどうやって判断できますか?

ブログサイト運営を開始して約8ヶ月程度経過しました。
スタッフみんなで交代にブログを書くことにし、平日はなるべく毎日更新しています。

古い記事はやはりアクセスが少なくなっていき、新しいものを投稿した時には、しばらくはアクセスが増えるのですが、減るものと増えるもので変化がないような感じで、だいたい毎日一定の状態になっており、運営を開始して3ヶ月目ぐらいのところからアクセスが増えません。

SEO対策というのも、初心者向けの書籍を購入して自分で試してみたのですが、これで正しいものかどうかという自信もありません。

ホームページやブログは運営期間に比例して検索エンジンでの評価が高くなっていき、アクセスが集まりやすくなるという事を聞いたのですが、実際に私たちが運営しているブログサイトではそのようになっていないので、やはり何か間違っているのではないかと思います。

記事の書き方やアクセスの増やし方については、また御社のホームページを参考にさせていただこうと思いますが、今現在私たちが取り組んでいる作業で、ブログサイトの価値が上がっているのか?下がっているのか?という事は、どのように判断をすれば良いでしょうか?

A.サイトの現在のSEO的な評価については、Googleのページランクを調べる事によって、ある程度わかります。しかし、問題はやはり「アクセスが集められているか?」という事になりますので、まずはアクセス対策を進めてください。

これからWeb集客にお取り組みになる方で、勘違いされている方が多いポイントですが「毎日ブログを更新していればサイトの評価が上がってアクセスが集まるようになる。」というお考えのもと、とにかくブログの更新頻度だけを重視されていないでしょうか?

これは全面的に間違いという事ではないのですけども、単にブログの記事がどれだけ増えたとしても、それが読者に受け入れられて、リンクをしてもらえたり、ソーシャルで拡散をしてもらえたりという具体的な評価を得られないと、サイトやページの価値が上がる事はほとんどありません。

ですので、ブログの更新頻度を何よりも重視してお考えになっていて、とにかく何でもいいので記事を書こう…というお考えで運営されていたとしたら、それは今後軌道修正される必要があるかと思います。

日々アクセス解析はチェックされているようですので、それらの分析をする事によって、御社のビジネスのジャンルでは、どのような情報が求められているのか?どのような情報が不足しているのか?ユーザには、どのような問題解決をしたいという図があるか?などを考えてみてください。

それらを考える事によって、さらに詳しい説明を加えたりする事もできますし、それらのニーズから、このようなコンテンツがウケるのではないか?という予想から、新たにページを作る事もできるようになります。

こういった地道な作業を続けていく事によって、アクセスは確実に底上げされてきます。

ターゲット層のニーズにマッチした情報提供を続けることによって、いずれ自然に、ブロガーの方からリンクをされたり、ソーシャルで拡散されるような機会も出てきます。
そうなってくると、運営されているサイトの評価も上がってきます。

日々アクセス解析を見ている中で、特別アクセスが増えたサイトや、以前にはなかった経路からのアクセスが集まっているようであれば、いずれかの場所から、運営されているサイトにリンクが送られている可能性があります。

このような流れができてくれば、自然にページランクの数値も上がってきます。

参考までに、サイトのSEO的な評価をチェックするにあたり、Googleページランクのチェックの方法をお伝えします。

・検索エンジンで Google ページランクチェック などで表示されるサービスを利用
・Google Chrome(グーグルクローム)の拡張機能、Firefox(ファイヤーフォックス)のアドオンで、ページランクが見られるようになるものを追加する

これは当サイトの他のページでもよくお伝えしている事なのですが、ホームページやブログのコンテンツを作るという事は、自分たちが書きたいこと、書きやすい事を書くのではなくて「ターゲット層(見込み客層)が求めている情報を提供する」という事が鉄則です。

この考え方はアクセスを集めるというだけではなくて、Web集客からのビジネスを成功させるにあたっては、絶対に持っておかなければいけない考え方ですので、今後のブログ更新の際には、そのような視点に切り換えて、更新をなさるとよろしいかと思います。

…以上、Web集客の成功のご参考になりましたら幸いです(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ