Q.通販サイト(主要ワードの月間検索数が少なめ)でのアクセス集めに悩んでいます

Q.通販サイトを運営しているのですが、アクセスを集めるキーワードが「○○ 通販」くらいしかなく、グーグルキーワードプランナーなどで調べても、他にこれというキーワードが見つかりません。

もとよりそれほど検索数の多いテーマのビジネスではないのですが、なんとかしてアクセスを増やすために記事を追加していきたいと思うのですが、このような状態ですので、ブログやHPにどういう記事を書いていくべきなのかわかりません。

A.提供されている商品・サービスがどんな人に、どんな悩みで利用されるものなのか?というが利用シーンを想定したコンテンツを書いていきましょう。

確かに通販のキーワードでそれほど検索ボリュームの多くないキーワードの場合は、分析をしてみても、他には目立ったキーワードがなく、「○○ + 通販」くらいしか見えてこない事も多いかと思います。

まずはこのキーワードでの上位表示を目指した対策をされているかと思いますが、そもそもこのキーワードで1位になるところが、アクセス集めの終点というようなイメージを持ちではないでしょうか?それでは非常にもったいないです。

例えば防犯グッズの通販をなさっているとすれば、販売されている商品が、どのような環境の人に、どのようなニーズで、どのようで利用されるのか?という利用シーンを考えて、「こんな場面で使えます!」「こんな方におすすめです!」というコンテンツが備わったページを作る事によって、単純に 防犯グッズ 通販 というキーワード以外のアクセスも、どんどん集められるようになります。

世の中にはいろいろな人のニーズがあり、その人によって頭の中でどんなキーワードを連想しながら検索をするか?という事は違っていますので、そういった利用シーンなどを過去の事例などをもとに数多く掲載する事によって、アクセスは地道ではありますが、やった分だけ増やすことができます。

また、購入者の方にアンケートを取って、そのお客様の声をページに掲載していくというのも非常に良いコンテンツの追加方法です。こういったお客様の声のコンテンツというのは、販売者の目線では想像していないキーワードなどが含まれている事が多いです。

アクセス解析でそういった販売者の目線では想定していなかったようなキーワードが出てきたら、それらをメモしておき、この検索をした人の現在の環境や悩みはどんなものだろうか?という事を考え、それに対応する情報をきちんと備えた新たなページを起こす…という流れで、さらにコンテンツを作る事もできます。

このようなコンテンツ作りを続けていく事で、アクセスを集めるという事だけではなく、申し込み率の高い、質の良いアクセスを集めることができるようになります。

この地道にアクセスが増えていく感覚というのは、複合キーワードに注目をして地道に記事を追加していく作業を、ある程度やってみないとわからないところがありますので、まずは人気のある商品、売りたい商品をピックアップして、いくつか取り組んでみてください。

地道ではありますが、やった分だけ確実にアクセスが増えていくという感覚に、きっとモチベーションも上がってくるかと思います!

そうなれば ○○ + 通販 で1位を取る事よりも、こういった取り組みの方がはるかにアクセスが集められるという事がわかり、テクニカルなSEO対策への不安やこだわりも無くなってくるかと思います。

以上、Web集客の成功のご参考になりました幸いです(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ