ホームページ業者との契約を解約して低コストな自社管理にする方法・手順

※注目※不当に高いホームページ運営管理・更新費用にお悩みの方へ

「5分」で理解できる、低コストな自社管理に変更する方法をお伝えします。

適正な料金の他社への乗り換えや、自社管理への変更はそれほど難しい事ではありません。

現在契約をしているホームページ管理業者の、月々のコストや更新の費用が高くて、解約をして他に乗り換えたいと思っている…何とか自社で管理できる体制に変更したい…というお悩みを持っている方は、かなり多いと思います。

実際、私も日々活動をしている中、商工会の集まりなどで初めてお会いする方と名刺交換をさせていただくと、「今、当社ではホームページの保守管理費がこのぐらいかかっているのですけども、御社の場合はどのぐらいの料金ですか?」という質問を、本当によくいただきます。

最近も、地元でビジネスをしている高校の同級生から「とあるデザイナーの知人にホームページの制作をしてもらったんだけど、ほぼ更新もしていない状態なのに、毎年更新の時期には8万円ぐらいの請求があるんだ…。知り合いの紹介もあって信じて任せていたんだけど、さすがにこれは高すぎると思う…なんとかならないかな?」という相談を受けました。

…知人の紹介からの仕事でボッタクるという何とも驚きな話ですが、今の世の中のホームページの契約では、このような不誠実なものが山のようにあるのが現実です。

◆ホームページの知識ゼロでも自力で移転作業は完了できる!年間コスト95%削減を実現!

私はこの友人に

「会社紹介のようなホームページで、ほとんど更新もしないような状態にあるのなら、そんなに高いお金を払う必要がないので、その業者を解約して、自社管理をするようにした方が良いよ!」

とアドバイスをしました。

その結果、それまでホームページ管理に関する知識がほぼゼロだったところから、既存のホームページ業者との契約の解除、そして、新しいホームページの公開スペースを自社管理に変更する事に成功し、年間コスト95%ダウンに成功しました。

もちろん、とても喜んでくれました(^^)

笑顔

その際に、私の方で伝えた内容がありますので、同じようなお悩みを持っている方のために、今回その流れを記事にしてみました。

現在のホームページ制作業者の料金に不満があり、乗り換えを考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

まずは基本的な用語や流れなどを理解しましょう。そうすれば、あとはフリーダイヤルのサポートに相談をしながら、自力でホームページの引越し作業ができます。これは未経験の方でも全く難しくありませんので、ぜひやってみてください。

◆ホームページを現在の業者から自社管理へ乗り換える手順

1.まず、ホームページを構成している基本的な用語の意味を理解しましょう

ホームページのお引越し

ホームページ公開にかかわる用語というのは「土地、家、住所」のような感じで現実に例えるとわかりやすいですので、そのようにご説明したいと思います。

サーバー:ホームページのデータが保存されている場所です。「土地」と考えるとわかりやすいです。そこにホームページのデータ(家の部材)をアップする事で、家(ホームページ)が建つ事になります。

ドメイン:ホームページの住所ですね。URLの事です。取得の際は、お名前.comスタードメイン 【バリュードメイン】 ムームードメイン

等のドメイン登録サービスのアカウントを作成する必要があります。

DNS設定:引越しの際の、転居・転出届けのようなものでしょうか。「この土地に引越をします!」という届出です。これを完了していないと、ホームページが表示されません。

FTP情報:ホームページのデータが保存されている土地(サーバー)に入るための門のカギです。これでカギを開けて、ホームページのデータがある場所に行きます。(ここにあるデータを書き換える事で、ホームページの情報が書き換えられます。)

ここにアクセスするには、FFFTPや、FileZillaなどのFTPソフトをダウンロードして使います。(これらは無料で使用できます)

2.現在ホームページの保守管理を任せている業者からサーバーの契約情報・FTP情報をもらい、ホームページのデータをダウンロードして保存する

それでは、基本的な用語がだいたい理解できたところで、現在契約をしているホームページ制作業者に、まずは解約して自社管理したい旨を伝える連絡をしましょう。

下記のようなメールでよいのではないかと思います。

—————————————————–
現在の御社とのホームページ保守管理契約を解約し、
今後は自社管理にしていきたいと考えております。

近日中に、サーバー、ドメイン登録サービス業者ともども、
自社で新たに手配をする予定でいます。

つきましては、この移転作業にかかる必要情報と、
当方で行うべき作業についてご連絡をください。

よろしくお願い致します。
—————————————————–

これでスムーズに話が進むようであれば、その提案に沿って進めていくことで問題ないかと思います。

ただ、ここで何とかして解約を止めようとする事から、対応が遅くなる、初心者がわからないような専門用語を使ってきて、話が滞る…というケースがあります。

ここで渋ったり返事が遅くなったりする例を多く聞きますので、もしそういった気配が見られたら、すぐに催促をしましょう。ここでわからないと諦めたら、これからもボッタクリ料金を払い続ける事になりますので、強く催促をしましょう。

これらの情報が届いたら「現在のホームページのデータをダウンロードする」作業に移ります。

1.業者からもらったFTP情報をもとに、既存の自社ホームページのサーバーにFTPソフトを使ってアクセスする

2.そこにあるデータを全て自分のPCのデスクトップにダウンロードする。

これでひとまず、現在公開されているホームページのデータを保存する事ができます。

(この、FTPソフトを使って既存のホームページのデータをダウンロードするという段階ですでにわからない方も多いかもしれませんが、それはこの後に続く「フリーダイヤルで相談できるレンタルサーバー」に相談する事で解決できます。ひとまず、読み進めてください。)

3.新しいサーバーを契約して、そこにデータをアップロードする

それでは、保存したホームページのデータを、新しいサーバーに移し替え、ホームページを新しいサーバーで公開する手順に進みます。

1.新しく自分でサーバーを契約する(フリーダイヤルサポートがあるところオススメ)

2.契約後、そのサーバーにドメイン(URL)を追加する

3.契約しているドメイン登録業者(お名前.com等)のサービスにログインし、ドメイン(URL)のDNS設定を、新しいサーバー宛てに変更する

4.新しく契約したサーバーのFTP情報をFTPソフト(FFFTP等)に入力して、サーバーに接続。PCにバックアップしたデータを、その場所にアップロードする

以上で、ホームページの公開手順は完了です。

手元に必要な情報さえ揃っていれば、この作業自体は5~10分程度で終わるようなものです。難しい事は全然ありません。

3.のDNS設定についての補足ですが、ドメイン登録業者でドメインを取得した際、管理アカウントの登録を、ホームページ業者側の名義で行ったか?あなたの会社の名義で行ったか?という事で、受け渡しの手続きに違いがでてきます。

ホームページ業者側が自社の名義で行っていた場合には、あなたの方で新しくドメイン登録業者のアカウントを作成し、そこに移管する手続きをしてもらう必要があります。この場合は、あなたの方だけでの作業では完結できませんので、業者側に手続きを進めてくれるように伝えてください。

あなたの会社の名義で行われていたようであれば、そのログイン情報をもらえば、自分ログインをして手続きが可能です。

…以上が、ホームページ業者を乗り換える際の引越・移転作業の流れです。

フリーダイヤルで相談できるレンタルサーバーと契約すれば、知識ゼロでも安心!

これは文章で順序立てて説明をすると、少し長くなってしまい、わかりにくい印象を持たれてしまった方もいるかもしれませんが、本当に、それほど難しい事ではありません。

また、これらの手順を進める際には、新しく契約するサーバーに「フリーダイヤルのサポート」があるところを選んでおけば、わからないところもすぐに電話をして質問する事ができます。

フリーダイヤルがある安心

私のおすすめとしては、個人レベルの方であればさくらインターネットのさくらのレンタルサーバ スタンダードがおすすめです。これまで高い料金を払っていた方にすると、逆に安さにビックリ!(笑)くらいかもしれませんが、小規模なHPであれば全く問題ありません。

法人の方であれば、安定性やセキュリティへの信頼度の高さも考慮にいれ、NTTPCのレンタルサーバーがおすすめです。

法人クラスの運用で、月々1300円程度でフリーダイヤルサポートが受けられるのはかなり助かりますね。

公式ページに下記のような記載があるとおり、この価格帯でありながら「お気軽にご相談ください!」というサポート重視の姿勢があるところには、同じ業界で仕事をする人間としても、好感が持てます。

安心のフリーダイヤルサポート

特に、すでにWEBからの集客が会社の中でも重要な位置付けにあるようでしたら、このレベルの安心は備えておきたいですね。

NTTPCのレンタルサーバーの詳しい情報はこちら

繰り返しますが、フリーダイヤルがあるというのは、本当に心強いです。

メールで説明しようにも、なんと伝えれば良いのかわからない…という方にとってみると、本当に心強いサポートかと思いますし、無駄に悩む時間が省けますので、おすすめです。

最後に 当社のホームページ運営にかかる費用の考え方について

今回お話をしているような内容は、いわゆる私達ホームページ制作を仕事にしている人間にしてみると

「それ、お客さんに教えちゃダメだろ!保守料や更新料がもらえなくなるじゃないか!!!」

という内容の話なのですが、当社ではそういった事は全く考えていませんので、お客様に隠すつもりもありません。

なぜなら、ホームページの価値というのは「それがある事で、集客に成功する、知名度がアップするなど、ビジネス上のメリットが生まれているもの」であるはずだからです。

それが、何の役割も果たしていないレベルのホームページで、保守管理などという名目で、高いお金をもらおうとしている事自体が、ビジネスとして間違っていると考えています。

当社がお客様から継続した費用を頂くのは、「かけたお金以上の見返りを生む提案や対策をさせていただく場合」のみです。

ですので「ホームページの契約や更新にかかる手続きの手間がかかったとしても、ここにかかるコストは可能な限り安くしたい」とお考えのお客様の場合には、喜んで、今回の記事のような自社管理の方法をお伝えしています。

現在、高額なホームページ保守管理の契約にお悩みの方は、ぜひ、今回の記事を参考に、適正な価格で保守管理をしてくれる業者への乗り換えや、自社管理への変更を行ってください。

繰り返しますが、ホームページの移転作業というのは、本当に難しい事ではありませんので、サーバー会社のフリーダイヤルにおんぶにだっこしてもらうくらいの気持ちで、ぜひやってみてください。

もし、それでもわからない、不安がある…という場合には、当社までお問い合わせくださいませ。それにかかる初回のアドバイス料はいただきますが、サポートさせていただきます(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ