サイトタイトル付けのよくある間違い SEO対策をわかったつもりの間違いTOP2

運営するホームページやブログに、正しいサイトタイトルを付けるという事は本当に重要な事で、

サイトタイトルには「そのサイトが成功するかどうかの運命がかかっている!」と言っても過言ではありません。

これは本当に重要な事で、これまでそれほど真剣に考えた事がない方は、ぜひこの記事を読んで、しっかりとその重要性を再認識していただければと思います。

サイトタイトルの失敗はビジネスの失敗

何の分析も行わず、社長や店長の気まぐれでサイトタイトルを決めた時点で、ある意味、そのサイトは95%以上、失敗が約束されたようなものです(笑)

私が日々、コンサルティングや無料相談の中で、多くのサイトを目にしてる中で、非常に多いと感じている間違い上位トップ2についてお話してみたいと思います。

(そもそも何も考えずに付けられている「店長の気まぐれ日記」などの論外なものは含みません)

◆多くのサイトオーナーが間違っている!サイトタイトル付けの間違いTOP2

1.重要キーワードの分析が行われておらず、自社の商品やサービスの名称を羅列したタイトルになっている

これは例としては、

エステサロン○○ ○市 脱毛・美肌・ダイエット・無添加化粧品からサプリメントまで

などのように、トップページで狙う重要タイトルが定まっておらず、検索対象となるために、可能な限り何でも詰め込んでおけば良いのではないか…?という感じになってしまっているタイトルですね。

これは「二兎を追う者は一兎をも得ず」という言葉もあるように、欲張りすぎた結果、結局何のキーワードでも上位表示をする事ができなくなります。

検索キーワードの分析及び、自社ではどのような商品やサービスを積極的に販売していくべきなのか?という判断ができていない事が、一目瞭然のタイトルです。

2.昔のSEO対策の常識にとらわれた「検索数が多いキーワードのみ」の短すぎるタイトル

これは例としては、

エステサロン○○ ○市 脱毛

という感じの、上位表示したいキーワード一つ二つに絞って特化して、その他一切の言葉を省いたタイトルですね。

これは確かに、このキーワードでの検索上位だけの事を考えれば、今でも、ある程度の優位性はあると言えます。

ですが、インターネットビジネスというものがこれだけ盛んになっている今では、「何とか興味を引いてクリックしてもらおう!」と知恵を絞ったタイトルのサイトが、たくさん増えてきている訳です。

例えば、検索結果に下記のような三つのタイトルが並んでいるとします。

1位 エステサロン○○ ○市 脱毛
2位 ○市で脱毛するなら 最新設備にアフターも万全!エステサロン○○
3位 高い脱毛効果と安心の返金保証!○市の脱毛なら エステサロン○○

これを見て、1位だからといって、2位と3位に比べて圧倒的にクリックされるものになるでしょうか?

皆さんも、ご自身が日々ネット検索をされている中でも、必ずしも一位に表示されているサイトをクリックしている訳ではないと思います。

せっかく上位に出ても興味を持ってもらう事ができず、クリックされなければ無意味ですし、また、Googleのこれからの検索アルゴリズムの進化を考えた場合にも、上位にありながらも、全くクリックされていないサイトというのは、上位にある価値がないと判断され、評価を落としていく可能性も高いです。

…このほかにも、いろいろなサイトタイトル付の間違いはあるのですが、この二つの間違いがほとんどを占めているといっても過言ではありません。

あなたの運営されているサイトは、上記に当てはまってはいませんか?もしそうであれば、一度しっかりと時間を取って考え直す必要があります。

◆サイトタイトルがわかっていない = 自社では何に注力すべきかわかっていない という事

これらの間違いの根本にあるのはなにか?という事を考えてみると、

サイトタイトルがわかっていない = 自社では何に注力すべきかわかっていない

という事になるのです。

つまり、

同じ商圏でビジネスをしている同業者たちの中で、自社はどのようなポジションに立ち、どのような商品やサービスの販売に力を入れていくのか?

について明確な答えが出ていないので、まさにビジネスとしても迷走している状態と言えるのです。

ですので、経験あるコンサルタントの立場からすれば、サイトタイトルを見ただけで、検索エンジンからの集客に成功するかどうか?という事だけではなく、そもそもビジネスとして成り立つかどうか?というところまで、かなりの確率で分かってしまうという事です。

サイトタイトルを付けるという事は、ただ単に、限られた文字数の中で、上手なアピール文を考えるという事だけではないのです。

しっかりと、自社で行うビジネスの方向性が定まった上で決定したタイトルではない限り、どんなにキーワード分析をしたり、キャッチコピーの分析をして決めたタイトルであっても、それは正しいものとは言えません。

サイトタイトルを考える事は、実は「ビジネスの戦略・全体像を考える事」と、全く同じなのです。

これをきちんと理解しない限り、Web集客での成功はありえません。

実際のサイトタイトルの決定の流れについては、過去にこちらで紹介をしておりますので、こちらを参考になさってください。

>>基礎ドリル2:サイトタイトル ブログタイトルの正しい決め方 その1

…以上、Web集客の成功のご参考になりましたら幸いです。

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ