【ご質問】キーワード収集ツールで集めたキーワードの活用法 どれから優先して記事を書いていくべきでしょうか?

ご相談【ご質問】キーワード収集ツールで集めたキーワードは、どれから優先して記事を書いていくべきでしょうか?

Googleキーワードプランナー、Yahoo!のキーワードアドバイスツール、そして、検索結果に表示されるサジェストキーワードなどから、いろいろなキーワードを集めてリストアップしました。

数百のキーワードがありますが、これらのキーワードからどれをテーマにしたページを優先して作っていくべきでしょうか?

こういった優先度の判断基準などはありますか?

集客コンサルタント 小西の回答です!【回答】検索者の希望している事が見えやすく、かつ、購買意欲の高いキーワードから優先してページを作成していきましょう。

検索数の多さだけに注目をしたり、自分が書きやすいものを優先する考え方では、成果になりにくい場合が多いですので、しっかりと検索者の意図を分析をして選択していきましょう。

例として、あなたが年賀状作成ソフトを販売してる通販サイトを運営しているとします。

そして、キーワードツールでピックアップしたキーワードには、下記のようなものがあったとします。

1.年賀状 2015 デザイン 自作
2.年賀状ソフト 2015 おすすめ

まず、記事を書く前に

「これらのキーワードの検索者の希望は何なのか?」という事から考えます。これが思考のスタート地点です。

これをせずにページを作っても、それは検索者のニーズを満たすものにならない事がほとんどです。

では、1.の検索者が考えている事をイメージしてみましょう。

「自作」というワードが入っているので、やり方がわかれば自分でやりたいと思っている…つまり、お金をかけたくないという気持ちの方の検索ですね。

次に、2.の 年賀状ソフト 2014 おすすめ の検索者が考えている事をイメージしてみましょう。

「2014年の年賀状ソフトが欲しいと思っているが、自分では選び方がわからない。
なので、誰か詳しい人におすすめのものを教えて欲しい」

という心理かと思われます。

こう考えると

1.年賀状 2015 デザイン 自作 は、お金を払うきがほぼ全くない人
2.年賀状ソフト 2015 おすすめ は、オススメの理由に納得できれば買うつもりの人

という事がわかります。

つまり、自社のHPやブログに、この2つの情報どちらを優先して書くべきか?と考えた場合、もはやおわかりのとおり、

2.の オススメの理由に納得できれば買うつもりの人 に対しての情報を優先して掲載するべきです。

HPのページを新たに増やしたり、ブログの記事を書く際には、多くの方が

「自分の書きやすい事」
「頭を使わずにササッと書ける事」

を書こうとします。

また、WEB集客の知識のないコンサルタントやHP業者の場合、

「ブログ更新の頻度が上がれば検索順位も上がるので、とにかく日記のようなもので大丈夫ですので、更新を優先してください!」

という提案をしている事が多いですが、これも完全に無戦略で無駄な行為です。

せっかく時間を使ってページや記事を作るのなら、

「見た人に購入や問い合せなどをしてもらえる可能性の高いもの」

を優先して、コンテンツの作りこみをしていきましょう!

以上、あなたのWEB集客成功のご参考になりましたら幸いです(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ