Q.お客様の声が全くない状態では、ページどんな内容のコンテンツを追加するべきですか?

Q.お客様の声が全くない状態では、ページにどんな内容のコンテンツを追加するべきですか?

商品やサービスをまだ販売したばかりの段階であって、まだ購入者や利用者が少なく、お客様の声をブログやサイトに掲載して行くことができない状態です。

このような段階において、より商品が魅力的に見え、訴求力が上がるコンテンツを備える場合には、どのような情報を追加して行くべきでしょうか?

A.その商品やサービスが活用される利用シーンを想定して、提案型のコンテンツを作成しましょう。

まだお客様の声が得られない状態であっても、そもそもあなたの会社で販売する事となった、商品やサービスが、何らかの形になっているという事は、それらが、どんな場面で使う商品なのか?という事はある程度想定されて開発されたものであるはずです。

ですので、

まずは販売者側の視点で良いので、これらのコンテンツを備えていく事からスタートします。

「この商品やサービスは、このようにして使うもので、このようなメリットがあります。そして、このような場面で使えます。」

というコンテンツを、いろいろな利用シーンを想定して、数多くの例を掲載するという事です。

例えば小型の暖房機器を扱っているとすれば、持ち運びが楽なので、お部屋だけではなく、玄関やトイレ、脱衣場、お風呂場等に持ち運びが便利なんですよ…というコンテンツを備えること。

収納用品を販売しているとすれば、リビングや子供部屋に置くだけではなく、押入れの中にその収納用品をレイアウトして、おしいれ収納を作ることもできるのですよ…というコンテンツを備えること等です。

このようなコンテンツを考える際、一般的に想定されるものだけではなくて、ちょっと例外的な使い方かな?というようなものにもイメージをめぐらせて、提案してみるのがポイントです。

こういった提案型のコンテンツを備えて行くことによって、いろいろな複合キーワードでのアクセスも集まるようになってきて、それらをアクセス解析で分析する事によって、意外にも、このような使い方にニーズがあるのか…!という事が発見できたりします。

ここは日頃、自分のビジネスの改善にどの程度アタマを絞っているか?アクセス解析を日々分析し、その裏にある顧客の心理を読み取る落としているかどうか?という事が、大きく影響してきます。

こういった提案型コンテンツを備えて、ニッチなニーズも拾うことができるページが増えてくると、収入の土台が確実に底上げされてきますので、ぜひ取り組んでみてください。

加えて、積極的にお客様の声と商品レビューを増やす方法 も参考になさってください。

以上、Web集客の成功の参考になりましたら幸いです(^^)

無料相談受付バナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ